インプラント専門医がインプラントの必要性を的確に見極めます

セカンドオピニオン外来

カウンセリングを受けたあと、主治医の診断に不安を感じたことはありませんか?むし歯や歯周病の治療と違い、インプラント治療は手術があり費用も高額です。それゆえ、慎重になるのも当然だと思います。カウンセリングを受けたからといって即断する必要はありません。

当院のセカンドオピニオン外来では、インプラント専門医が多角的な角度から判断し、インプラント治療の必要性を見極め、最適なアドバイスをいたします。安全で安心できるインプラント治療には、ドクターと患者さまの信頼関係が欠かせません。主治医の診断に少しでも疑いがあれば、結果として満足度の低い治療となります。納得できる治療を見つけるためにも、セカンドオピニオン外来の利用をおすすめしています。

セカンドオピニオンの必要性
日本でセカンドオピニオンはあまり定着していませんが、海外では当たり前のように行われています。事実当院には、海外在住の日本人から盛んにセカンドオピニオンのお問い合わせがきます。

セカンドオピニオンとは、主治医の診断に対して第三者の意見を求めることです。ここでの目的はその診断が本当に適切なのかを知ることであり、転院を強要するものではありません。1つの症例に対して治療方法はいくつかあり、ドクターの治療方針や考え方によって診断は変わってきます。

主治医がインプラントと診断しても、別のドクターはオーバーデンチャーを提案するかもしれません。また要望に反する診断を受けた場合は、別のドクターに相談することで希望に沿った治療が受けられるかもしれません。更に、セカンドオピニオンを受けたことで主治医の診断に納得される方もいらっしゃいます。

大切なことは、納得できる診断と信頼できる主治医を選ぶことです。セカンドオピニオンはそのための1つの手段です。当院のセカンドオピニオン外来を利用して、本当に納得できる治療を受けてください。

治せない治療はほとんどありません!

セカンドオピニオン外来主治医から「骨の量が不足しているのでインプラントはできない」と診断されると、その段階でインプラントを諦めてしまう方が多いと思います。確かに、骨の量が不足しているとインプラントは埋入できません。しかし、医療技術が向上した今、診断の精度を高め、あらゆる技術を投入し、緻密で精密な治療を行えば、対応できない症例はほとんどありません。

理事長は、世界の名立たるドクターからインプラント技術を学び、その知識や技術であらゆる角度から診断し、骨造成や増骨術を含めた難易度の高い症例を数多く経験してきました。他院では無理だったと諦めてしまう前に、ぜひセカンドオピニオン外来にご相談ください。

セカンドオピニオン外来を受診される方へ

診断に必要な資料をお持ちくださいセカンドオピニオン外来
セカンドオピニオン外来を受診するときは、CTやレントゲンなど診断に必要な資料をお持ちください。通常、主治医にセカンドオピニオンの話をすれば、診断に必要な資料を用意してもらえます。

カウンセリングでは主治医からの診断内容をお聞きし、お持ちいただいた資料をもとに、専門医から見た治療の必要性や考えられる治療方法をお伝えします。これは主治医の診断に対しての意見であり、転院を強要するものではありません。患者さまが納得し、信頼できるドクターをご自身で選んでいただきたいと考えています。

目的に合わせたベストな診断をします
主治医の診断の、どんなところに納得できなかったのでしょうか。治療方針・治療期間・治療費の問題など、色々な理由があってセカンドオピニオン外来を受診されるのだと思います。当院では、納得できなかった「理由」を大切に考えています。

もし、相談の目的を理解しないまま対応すれば、患者さまの不満や疑問は大きくなるばかりです。何を求めているのかを明確にし、治療方針・治療期間・治療費用など、患者さまに寄り添いながらご要望を満たせるアドバイスができるよう心がけています。

よい歯科医院の見分け方
歯科医師の技術力をカウセリングだけで見極めることは難しいでしょう。一つの目安として初診から3回以内に主訴を改善できるかどうかが重要です。患者さまの訴える、「咬めない」や「痛い」を改善できない歯科医師は、よい歯科医師とはいえないでしょう。もし3回通っても改善が上手くいかない場合は、転院を考える必要があるかもしれません。当院では患者さまと向き合いながら、最善の治療を提供しています。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください

  • THE IMPLANT TOKYO
  • THE IMPLANT YOKOHAMA