経験を生かした良好な症例

経験を生かした良好な症例

技術力の高さを物語るインプラント実績
1999年に開院して以来、当院は世界レベルのインプラントに取り組み、インプラント技術の向上に努めるとともに、医療設備の充実を図ってきました。これまでに理事長が行ったインプラント治療は3,500本以上です。これだけ多くの実績を残しているインプラント専門医は、国内ではそう多くはありません。

独自のシステムで難症例に挑む
患者さまの中には、骨の状態が悪く、他院でインプラントを断られて相談に来られる方がいらっしゃいます。当院では、インプラントの最高峰とも言える「エキストリーム・インプラント(究極のインプラント)」を確立し、最先端の医療システムの構築により、どんな難症例でもほぼ100%完治させています。

世界レベルの技術と設備で安全を提供
そのように断言できるのは、高い技術力はもちろん、プロ意識の高いスタッフ、総合的な診断力、科学的な治療計画、緻密で安全なインプラント手術、先進の医療設備、ていねいなカウンセリング、きめ細かなメインテナンスなど、世界レベルの環境を整え取り組んでいるからです。10年、20年経っても機能する、安心できるインプラント治療をお約束いたします。

良好な症例を作る最先端の医療システム

正確な診査・診断最先端の医療システム
写真やビデオ、レントゲン、CT、歯型の模型など、患者さまの情報をできるだけ多く集めて総合的に診断します。また、咬み合わせが悪かったり歯周病があったりするとインプラントの予後にも悪い影響を与えるため、お口全体を総合的に診断し、矯正治療や歯周病治療を含めた治療計画を作成します。

歯周病のコントロール
歯周病はインプラントの大敵です。歯ぐきの腫れや出血がひどい状態のままインプラント治療を進めても、良好な結果は望めません。インプラント治療を始める前に、必ず歯周病検査を行い、インプラント手術時のリスクを完全にコントロールしてから手術を行います。

精密な手術
インプラント手術の90%は、執刀医の手術技術と総合的は状況判断によって安全に進められます。さらに、ガイドやマイクロスコ―プなどを使うことで、より精密で安全な手術が実現します。

最先端の医療システムインプラントの埋入には正確さが求められ、埋入位置がわずか0.1mmズレただけで、致命傷につながる場合があります。また、埋入深度も重要で、1/100mmの精度でコントロールが可能です。それには、CTによる診断とコンピューターで設計した正確なガイド、そして熟練の技術が求められます。

当院では、マイクロスコープを用いた緻密な手術にも対応できる体制を整えています。難しい症例などでは即座にマイクロスコープを使用することで、より精度の高いオペが可能です。

万全のアフターケア
●インプラントに特化したメインテナンス
治療後は、インプラント専用のメインテナンスを行い、お口の中の環境を整えます。専門の歯科衛生士が専用器具を使い、汚れを徹底的に取り除き、細菌をコントロールします。また、使い続けていくうちに咬み合わせが狂ってきますので、定期的に微調整をしてバランスを整えます。

●メインテナンススキルを高める歯磨き指導最先端の医療システム
インプラントは、きちんとメインテナンスをしていれば、10年、20年と機能させることができます。インプラントだからといって神経質になる必要はなく、患者さまの口腔内の環境に合った方法で効果的な歯磨きを行えばほとんど問題ありません。当院ではご自身の手でインプラントを守っていただくために、歯磨き指導にも力を入れています。毎日の歯磨きをしっかり行っていただき、それでも手が行き届かない部分は、私たち歯の専門家がしっかりサポートします。

患者さまと二人三脚で取り組む、きめ細かなアフターケアで、10年、20年先まで機能するインプラントを提供いたします。

インプラント治療後、長期間経過した症例についてはこちらをご覧ください

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください

  • THE IMPLANT TOKYO
  • THE IMPLANT YOKOHAMA