プロ意識の高いスタッフによる、痛みに配慮した手術

痛みに配慮した手術

患者さまは、お口の中に治療器具が入るだけでストレスを感じます。まして手術となると、手術台の上で口を開けたまま身動きが取れず、機械の音が気になったり、何をされているのか分らない状態なので、恐怖心を感じるのは当然でしょう。不安や恐怖心が高まれば、ちょっとした刺激でも大きな痛みに感じます。インプラント手術は、担当スタッフが集まりチームを組んで行いますが、優秀な医療チームは淀みがなく、流れるように進んでいきます。

当院のインプラント手術は、チームの連携による、流れるようにスムーズで、安全で的確な手術です。執刀医が手技を的確にできるよう、麻酔医は麻酔や患者さまの体調をコントロールし、アシスタントは器具の受け渡しなどをサポートします。スムーズな手術は術中の危険を回避し、結果的に患者さまの安心感へとつながり、不安や緊張からくる痛みを和らげます。プロ意識の高いスタッフが、痛みに充分配慮いたしますので、安心して手術を受けてください。

麻酔医による高度な麻酔技術痛みに配慮した手術
インプラント手術の痛みは親知らずの抜歯程度と言われ、歯を抜くときと同じ麻酔を使った手術が行われてきました。確かに普通の麻酔注射でも痛みのコントロールはできますが、術中の緊張感はなくなりません。最近では、静脈内鎮静法のような、高度な麻酔によるインプラント手術を行う歯科医院が増えてきました。当院は、開院当初から痛みのコントロールに取り組み、静脈内鎮静法や笑気麻酔など、高度な麻酔によるインプラント手術を行っています。

静脈内鎮静法を行う上で重要な役割を担っているのが、プロの麻酔医です。手術中は麻酔医がチームに加わり、患者さまの全身状態を見ながら安全に進めていきます。麻酔の量の調整はもちろんですが、手術時の出血や血圧、脈拍などを監視し、急激な変化にも迅速に対応できるよう、細心の注意を払っています。もちろん、全身を管理することで、術後の腫れや細菌感染リスクも軽減できます。

※静脈内鎮静法では、患者さまは手術中の痛みと記憶がなくなるので、気付いたときには手術が終わっています。現在、インプラント手術の麻酔は静脈内鎮静法が主流です。当院ではいち早く採用し、その分野における第一人者である麻酔医による、高度な静脈内鎮静法を行っています。

当院の高度な技術

当院の高度な技術当院では、麻酔医による高度な麻酔で痛みに配慮したインプラント手術を行っています。静脈内鎮静法や笑気麻酔を中心に、患者さまのご要望を考慮した上で、最適な麻酔法をご提案いたします。麻酔医が全身管理をしながら麻酔をし、痛みや意識をコントロールするので、不安や恐怖心がなくなって精神的・肉体的なストレスの少ない手術が受けられます。

【麻酔】静脈内鎮静法
点滴で静脈の中に鎮静剤を直接注入する高度な麻酔法で、手術中の不安や緊張を緩和する効果があります。点滴を始めると5~10分程度で鎮静剤が効き始め、ウトウトしてリラックスしてきます。健忘効果もあり、術中の記憶は薄らぎますが、麻酔医が手術の流れに合わせながら薬の量を調整するので、執刀医の呼びかけや問いかけに対しては反応できます。

手術中に痛みや恐怖心が強まると、心拍数や血圧が上昇して身体に負担がかかりますが、静脈内鎮静法を使うと心拍数や血圧も安定するので、術中の全身管理の1つとしても有効な方法です。

笑気麻酔に比べて麻酔効果が高く、その反面、全身麻酔並みの技術と設備を必要とする麻酔法です。当院では、全身麻酔にも対応できる環境を整え、麻酔医が術中の患者さまの全身状態をモニタリングしながら行うなど、安全性にも充分に配慮しています。静脈内鎮静法を使うと執刀医が集中でき、患者さまの状態も安定するので、特に難しいオペには欠かせない麻酔法です。

<静脈内鎮静法のメリット>
・リラックスした状態で手術が受けられる
・健忘効果があり、手術時間が短く感じられる
・長時間口を開けているときの苦痛が和らぐ
・全身管理をしながら進めるので、持病のある方でも手術ができる
・血圧や心拍数が安定するので、身体への負担が少ない
・嘔吐反射を抑えられる

【麻酔】笑気麻酔
鎮静効果のある笑気ガスを吸入する麻酔法です。笑気ガスが出てくるマスクを鼻に付けてガスを吸い込むと、ぼーっとしてきます。笑気ガスを吸入すると5分程度で麻酔が効いてきますが、吸入を止めるとすぐに麻酔が醒めるので、静脈内鎮静法に比べると、快復が早い麻酔です。

ただし、静脈内鎮静法に比べると麻酔効果は弱く、手術中に患者さまが動いてしまう恐れがあります。こうした理由から、当院ではほとんどの場合、静脈内鎮静法による麻酔で対応しています。

不安を取り除いて痛みを和らげる

痛みに配慮した治療その日、何をされるのかわからないまま治療が始まると、患者さまは不安になり、ちょっとした刺激でも強い痛みに感じてしまいます。当院では、患者さまと向き合い、その日の処置内容を説明し、体調を確認してから治療を始めます。

体調が悪いときは治療を延期します
万が一、患者さまの体調が悪い場合は、その日の治療を中止する場合もあります。治療には、ドクターの気力は当然ですが、患者さまの気力も必要です。一方の体調が悪いときに治療をすると、痛みに対して過敏になったり、傷口の治りが悪くなったり、あるいは治療全体にも影響してきます。お互いの気力が高まってこそ、初めて快適で質の高い治療ができると考えています。なおドクターは、万全な体調で治療ができるよう、日頃から体調管理に心がけています。

優しいタッチで痛みの不安を和らげる
お口の中の感覚は非常に敏感で、ドクターが少し強めに触っただけで、痛く感じることがあります。こうしたタッチの差が痛みに配慮した治療につながりますが、意識してできるものではありません。ドクターの研ぎ澄まされた感覚と長年の経験から、無意識に現れるものだと思います。

患者さまはタオルで目を覆われていても、誰に触られているのかが分かるようです。タッチという繊細な部分に至るまで、全てのドクターがトレーニングを積んでいます。歯や歯ぐきのタッチから治療器具の扱いまで、感覚を研ぎ澄ませたていねいなタッチで、痛みの不安を和らげます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください

  • THE IMPLANT TOKYO
  • THE IMPLANT YOKOHAMA