診断を重視したインプラント治療

インプラント治療の流れ

当院のインプラント治療で最も重視しているのは診断です。特に咬み合わせの診断は重要です。顎が正しい位置にないと、咬み合わせはもちろん、顎関節症や骨格が歪み、全身にストレスがかかって、頭痛、肩こりなどの全身症状から、心疾患や高血圧、脳梗塞など、命に係わる病気を引き起こすとも言われています。

顎や歯には正しいポジションがあり、本来あるべき位置になったときに、お口や全身の健康が保てます。インプラント治療においても同じで、咬み合わせをきちんと診断し、正しい咬み合わせを作るプロセスを踏んでいくことで、後々のトラブルを回避することができます。

より詳細な情報を得る診断
正確な診断には、精密な検査が不可欠です。当院では、お口全体を総合的に診断するために、CT撮影、レントゲン撮影、歯周病検査、咬合診断、写真撮影、歯型の模型製作など、複数の検査を行います。他院に比べると検査項目が多く感じられるかもしれませんが、歯や顎の骨の状態や、歯と全身とのバランスを判断するには必要な情報であり、大勢のスタッフが関わって検査を行ない、それらをもとに正確な診断を行っています。

インプラント治療の流れ

Step1.資料採取(約30分)インプラント治療の流れ
正確に診断するために、精密検査を行います。検査内容は、顔写真の撮影(20枚)、レントゲン撮影、歯周病検査、CT撮影、咬合診断などです。

次へ
Step2.カウンセリング(約30分)インプラント治療の流れ
お口の中の状態を確認しながら、インプラント治療についての概略を説明します。カウンセリング時間は30分。患者さまのご要望をお伺いし、質問や疑問にもわかりやすくお応えいたします。心配なことがありましたら、どんな小さなことでも結構ですので、遠慮なくお話しください。

次へ
Step3.診断インプラント治療の流れ
CT画像と採取した資料をもとに、診断ソフト「ドーソンウィザード」で治療計画を作成し、大まかな治療方法をご説明します。詳細な治療計画をご希望の際は、2週間ほどお時間をいただきます。歯型の模型を作り、複数の治療プランを作成いたします。

次へ
Step4.治療計画のご提案インプラント治療の流れ
治療プランを複数ご提案しますので、患者さまにお選びいただきます。

次へ
Step5.歯周病の治療インプラント治療の流れ
歯周病がある場合は歯周病治療を行い、お口の中の状態を整えます。

次へ
Step6.1回目の手術インプラント治療の流れ
歯ぐきを切開し、ガイドを装着して顎の骨に穴をあけます。そこにインプラントを埋入し、歯ぐきを縫い合わせます。1回法の場合、手術はこれで終わりです。

次へ
Step7.1回目の回復期間インプラント治療の流れ
骨とインプラントが結合して、傷口が回復するのを待ちます。結合するまでの目安は、上顎で半年、下顎で3か月です。

次へ
Step8.2回目の手術インプラント治療の流れ
骨とインプラントが結合したあと2回目の手術を行い、歯ぐきを切開してインプラントの頭を出します。その後、傷口が回復するまで1か月ほど待ちます。

次へ
Step9.仮歯の装着インプラント治療の流れ
インプラントにアバットメントを連結し、その上に仮歯を装着して咬み合わせを調整します。

次へ
Step10.型採りインプラント治療の流れ
最終的な上部構造物(人工歯)を作るため、歯型を採ります。

次へ
Step11.治療終了インプラント治療の流れ
人工歯を装着して、インプラント治療は終了です。

次へ
Step12.メインテナンスインプラント治療の流れ
安定した状態を保つために、メインテナンスをおすすめしています。

※治療の流れは一つの例です。実際の治療では、症例や状況などに応じて最適なステップを踏んでいきます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください

  • THE IMPLANT TOKYO
  • THE IMPLANT YOKOHAMA