短期間のインプラント治療

短期間のインプラント治療

患者さまの「もっと早く治療を終えたい」というご要望にお応えするために、当院では、その日のうちに咬めるようになる、短期間のインプラントメニューをご用意しています。短期間のインプラント治療は「もっと早く治療を終えたい」「その日のうちに咬めるようにしたい」「抜歯と同時にインプラント手術を受けたい」という方に最適なメニューです。

手術したその日に歯が入るインプラント治療

手術したその日に歯が入るインプラント治療通常のインプラント治療では、インプラント体と骨が結合するのを待ってからアバットメントを取り付けます。上部構造物を装着するまでには数か月かかり、食事や会話、審美面において何かと気を使わなければならず、治療期間の短縮を望む声が高まっていました。

当院では、即時荷重インプラント、抜歯即時埋入インプラントなど、その日のうちに歯が入るメニューをご用意しています。

即時荷重インプラント
手術したその日に仮歯が入るインプラント治療です。埋入したあと、すぐにアバットメントを取り付けるので、手術したその日から咬めるようになります。仮歯ですので硬い食べ物は控えていただきますが、発音と審美性を重視しているので、周りに気を使わずに日常生活をお過ごしいただけます。もちろん、インプラント体と骨が結合するには数か月程度の期間が必要ですが、アバットメントを取り付けているので1回の手術ですみ、身体への負担も少なくてすみます。

骨の量が不足していたり、咬み合わせが悪かったりすると治療が難しく、正確に把握するにはCT診断が欠かせません。また、通常のインプラントに比べて治療費用は高めとなります。

<即時荷重インプラントのメリット>
・手術したその日に咬めるようになる
・1回の手術ですむので身体への負担が少ない
・治療期間を短縮できる

<即時荷重インプラントのデメリット>
・CT設備の整っている歯科医院のみでの対応となる
・骨の量が不足していたり、咬み合せが悪かったりすると適応できない
・治療費用が高くなる

抜歯即時埋入インプラント
歯を失う原因の多くは、歯周病やむし歯などの細菌感染です。抜歯後、細菌が残っている状態でインプラントを埋入すると、術後に細菌感染を引き起こす恐れがあります。通常は、それを避けるために、歯ぐきの状態が落ち着くのを待ってから手術をします。

抜歯即時埋入インプラントは、抜歯と同時にインプラント体を埋入する治療法です。歯を抜いたところにインプラントを入れるので、歯ぐきを切開せずに埋入でき、術後の腫れや痛みも少なくてすみます。また、抜歯後は治癒力が高いので、通常に比べると傷口が早く回復します。1回の手術で終わり、身体への負担も軽減できます。抜歯後、患部の消毒を充分に行いますが、それでもまだ細菌感染リスクは残ります。また、十分な骨の量が必要となり、すべての症例に適応できるとは限りません。

<抜歯即時埋入インプラントのメリット>
・1回の手術ですむので、身体への負担が少ない
・傷口が早く回復する
・歯ぐきを切開せずに埋入できる

<抜歯即時埋入インプラントのデメリット>
・細菌感染リスクが高い
・骨の量が充分でないと適応が難しい

ワンデーインプラント
すべての歯、もしくは失った歯が多い方でも、手術したその日に歯の装着ができる、最新のインプラント治療です。総入れ歯の方や多くの歯を失っている方、歯周病で歯がぐらついている方に適していて、少ないインプラント本数で多くの歯を支えることができます。同様の治療にAll on 4がありますが、より日本人の顎の状態に合った治療法として開発されたのが「ワンデーインプラント」です。

ワンデーインプラントは、顎の状態や咀しゃく力、咬むときの癖などを診断し、お口全体のバランスを考えてインプラント本数と埋入位置を決めるので、咬み合わせが安定して美しく整った口元になります。また、骨の状態のよい場所を選んで埋入するので、骨の量が少ない方でも、骨移植や骨造成をせずにインプラントを入れることができます。

<ワンデーインプラントのメリット>
・1回の手術ですむので、身体への負担が少ない
・手術したその日に仮歯が入り、咬めるようになる
・骨の量が少なくても治療ができる
・1日でバランスの取れた美しい口元になる

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください

  • THE IMPLANT TOKYO
  • THE IMPLANT YOKOHAMA