歯の機能を回復する治療

歯の機能を回復する治療

これまで歯を失うと、入れ歯やブリッジで歯の機能を回復しました。これに加え、最近注目を集めている治療がインプラントです。これらの治療には、それぞれメリット・デメリットがあり、残っている歯や顎の状態などによっては適応が難しい場合もあります。治療を受ける場合は、各治療法の違いを理解した上で、最適な治療方法を選択することが大切です。

インプラントと入れ歯、ブリッジの違い

インプラント入れ歯ブリッジ

現在、歯の機能を補う治療として最も理想的な治療法と言われるのがインプラントです。インプラントは、歯の根(歯根)から回復する治療法で、これまでの歯科治療の概念を根本から覆した画期的な治療です。人工歯根を顎の骨の中に入れることで、本物の歯に近い状態となり、天然の歯のように、硬いものでもしっかり咬めるようになります。

<歯を失ったあとの治療方法>
インプラント 失った歯の顎の骨に人工歯根を埋入して、その上から人工歯を装着する方法です。
入れ歯 取り外しができる人工歯で、歯にバネをかけて固定させます。
ブリッジ 失った歯の両隣の歯を削って土台を作り、そこに橋を架けるようにして人工歯を被せる方法です。

各治療法の主な違い

主な違い1:インプラントは、硬い食べ物でもしっかり咬める
●インプラント
骨と人工歯根がしっかり結合しているので安定性に優れ、ズレたり外れたりすることがありません。また、咬んだときの力がしっかり伝わるので、お煎餅やするめのような硬い食べ物でも、自分の歯のようにしっかり咬むことができます。

●入れ歯
金具で固定させますが、歯ぐきの上に乗せている状態です。安定性に欠けるため、ズレやガタつきが起きやすく、天然歯に比べると咀しゃく力が弱まり、硬い食べ物をしっかり咬むことができません。

●ブリッジ
人工歯で固定させるので安定性はありますが、少ない本数で支えるため、咬みしめたときに力が分散されてしまいます。硬い食べ物も咬めますが、天然の歯に比べると咀しゃく力が落ちてしまいます。

主な違い2:インプラントは、ほかの歯に負担がかからない
●インプラント
隣接する歯を削らずに治療ができるので、ほかの歯に負担がかかりません。また、インプラントにすることで、お口全体の機能を維持することができます。

●入れ歯
周囲の歯にバネをかけて固定させるため、バネの力で咬み合わせが悪くなったり、歯周病になったりしやすく、ほかの歯に負担がかかります。

●ブリッジ
固定式で安定性はありますが、隣接する歯を削らなければなりません。そのため、土台に負担がかかって歯を痛める原因につながります。

主な違い3:インプラントは、歯ぐきが痩せるのを防ぐ
●インプラント
人工歯根を埋入することで、歯槽骨に力が伝わって骨の吸収を防ぎ、歯ぐきの痩せを抑えることができます。

●入れ歯・ブリッジ
歯根を失っているため、咬んだときの力が歯槽骨に伝わりません。そのため、歯槽骨が吸収されて歯ぐきが痩せていきます。

主な違い4:インプラントで、口元が美しくなる
●インプラント
上部構造物にセラミックなどの素材を使用するので、天然の歯と遜色のない色や形を再現できます。バネで固定することもないので、口元の美しさを損なうことがありません。また、しっかり固定されているため、ズレやガタつきもなく、はっきり喋ることができます。

●入れ歯
周囲の歯にバネをかけて固定させるため、審美性に劣り、口を開けたときに金具が目立ってしまいます。また、総入れ歯は安定性に欠けるため、食事や会話などで支障をきたす恐れがあります。

●ブリッジ
固定させるので、口を開けても見た目はほとんど気にならず、食事や会話などで支障をきたすことはほとんどありません。

主な違い5:インプラントは、手術が必要
●インプラント
人工歯根を埋入する手術が必要です。治療期間が長くなり、治療費用も高額になります。

●入れ歯・ブリッジ
手術は必要なく、比較的数回の通院で治療が終わります。保険診療・自費診療のいずれかを選択でき、インプラントに比べて治療費負担を抑えることができます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください

  • THE IMPLANT TOKYO
  • THE IMPLANT YOKOHAMA